水道工事はどれぐらいの単価がかかるのか

水のトラブルが発生したときに頭を悩ませるのが、費用の問題です。修理業者はどのぐらいの単価で工事をしてくれるのか、自分でなんとか修理をした方が安く済むのではないかなど、水のトラブルは急を要する工事も多いことから、費用の捻出は頭の痛い問題です。
そこで、水道など水回りに関する工事はどのくらいの単価になっているのか相場を紹介します。

■安価な価格の場合

水回りの修理は、自分でもできるという簡単なものも多く、こういった簡単な修理は修理業者でも安価な価格で工事を行ってくれます。例えば、蛇口の交換や取り付けの相場は8,000円前後、蛇口の水漏れの修理は10,000円前後、排水口の詰まりは軽度のものであれば10,000円から15,000円程度でしょう。
単純にパッキンなどの部品を交換する場合や、ボルトやナットの締め直しなどの調整の場合は、もっと安く済むことがほとんどです。自分でもできる修理ですが、不慣れな人が修理を行うことで、事態が悪化してさらに高額な費用が必要になる可能性もあるので、注意が必要です。

■高額になる場合
水のトラブルの修理で高額になるケースとしては、トイレタンクなどの交換が必要な場合、床下の水道管で水漏れが起こっている場合、排水口やトイレなど重度の詰まりを起こしている場合などです。作業が複雑であったり、特殊な機械を使用することから、費用の目安としては重度の詰まりの場合は数万円ほど、水道管の水漏れは数十万円かかることもあります。
また、床や天井などに水が漏れている場合は、大規模なリフォーム工事が必要になることもあるので、この場合は莫大な費用がかかる可能性も高いです。

■工賃以外にも様々な項目で費用が発生する

水道など水に関するトラブルが発生した際に業者に工事を依頼すると、一般的には基本料金、工賃、部品代などを請求されます。しかし、この他にも単価が発生する項目があります。例えば、夜間や早朝に作業を依頼した場合に発生する時間外料金や夜間料金、現地に行くために発生する出張料金などです。このあたりはどうしても作業を依頼する側は抜けてしまっていることが多いので、最終的に費用を請求されたときに驚いたという人もいます。中には、見積書に書いていない業者も存在するので、必ず事前に確認しておくようにしましょう。


■まとめ
水道工事や水回りのトラブルに関する工事では、様々な項目で費用がかかっています。作業完了後になって高額な請求に慌てないためにも、相場を知っておくことはとても大切ですし、見積もりは正確に出してもらうことで、しっかり費用を準備することができます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ